© 2023 のあ不動産。Wix.comを使って作成されました

<クッション中材のかたさの種類>

かたさ:【普通】

【よく使われる使用部位】:<座面>
※沈み難く業務用に適する 

【用途】:<床やベンチなど座面>

 ※一番安い価格で制作できます。

【かたさの目安​】

(ご注意)

※あくまで目安です。完璧な指標ではありません。人によって感じ方は違いますし、厚さやサイズによっても感触の誤差があります。

※またここで表記している目安はクッションの厚みが15センチまでのものの目安となります。
厚みが15センチを超える場合はこの目安は参考になりません。

座った時少し沈む。<弾力性がある>
目安:65キロの大人が座った時約10㎜~20㎜沈む程度
【弊社の標準仕様の硬さです】
※お見積時に指定のない場合は[普通]の硬さでお見積しています。
クッション材はヘタリにくく硬めのクッション材を標準仕様としています。
(理由:店舗・飲食店で長くご使用頂けるように想定しています。)
※[普通]でも硬めで沈みにくい素材です。

★店舗等の業務用の座布団・クッションに適します。

かたさ:【硬い】

【よく使われる使用部位】:<座面>
※沈み難く業務用に適する

【用途】:<床やベンチなど座面>

【かたさの目安​】

(ご注意)

※あくまで目安です。完璧な指標ではありません。人によって感じ方は違いますし、厚さやサイズによっても感触の誤差があります。

※またここで表記している目安はクッションの厚みが15センチまでのものの目安となります。
厚みが15センチを超える場合はこの目安は参考になりません。

座った時あまり沈まない<弾力性が強い>

目安:65キロの大人が座った時約5㎜~15㎜沈む程度

※普通仕様のクッション材の密度が高い素材を使用しています。

★店舗等の業務用の座布団・クッションに適します。

かたさ:【柔らかい】

【よく使われる使用部位】:座面又は背面
※程よく沈み、家庭用の座面や※背面クッションに適する 

【用途】
<床やベンチなど座面>
<家庭用ソファの座クッションなど>
<座布団型クッションを背面クッションとして使用する時>

【かたさの目安​】

(ご注意)

※あくまで目安です。完璧な指標ではありません。人によって感じ方は違いますし、厚さやサイズによっても感触の誤差があります。

※またここで表記している目安はクッションの厚みが15センチまでのものの目安となります。
厚みが15センチを超える場合はこの目安は参考になりません。
(背面クッションとしての目安は厚みが10センチまでのものの目安となります。)

座った時沈む<弾力性が弱い>

目安:65キロの大人が座った時約20㎜~30㎜沈む程度

※普通仕様のクッション材+ウレタン材で構成します。

★ご家庭でお使い頂くクッションに適します。
★座布団型クッションを背面クッションとして使用する時などに適します。

※背面クッションとしてご使用になる場合は「柔らかめ」をおすすめしています。 

背面クッションとしての硬さの目安はもたれた時適度に沈み、あまり沈みこまない硬さ(背中の肌触りとして心地いい程度に沈む)となります。

かたさ:【沈む】

【よく使われる使用部位】:<背面>

【用途】:<座布団型クッションを背面クッションとして使用する時>

【かたさの目安​】

(ご注意)

※あくまで目安です。完璧な指標ではありません。人によって感じ方は違いますし、厚さやサイズによっても感触の誤差があります。

※またここで表記している目安はクッションの厚みが10センチまでのものの目安となります。

もたれた時かなり沈む

<弾力性が無い>

目安:体重をかけた分沈みます。

※基本的に背面専用の使用です。

※基本的にウレタン材のみで構成します。

※背面の場合、クッションの厚みが厚いほど、生地のヨレやシワの原因になりヘタリ易くなります。

 

★座面用には適しません。

※座面に使用する場合は形が崩れやすく、ヘタリ易くなります。

※お見積時に指定のない場合は[普通]の硬さでお見積しています。
クッション材の硬さを[硬い]又は[軟らかい][沈む]にしたい場合は
ご注文フォーム又はお見積フォームに所定の記入場所がありますのでご記入下さいませ。
 
【料金の目安】
標準タイプの座布団・クッション(厚さ:4cm、大きさ50cm×50cm以内)の場合
[普通]→[硬め]への変更:+200円/枚
[普通]→[軟らかめ]への変更:+200円/枚