●座布団、クッションのサイズオーダーメイドの注意点

●座布団クッションの完成品の伸縮誤差について
生地とクッション中材は伸縮性がある為、仕上がり寸法は±5㎜程度の伸縮誤差がでる場合があります。 
(150㎝以上は±10㎜程度の伸縮誤差がでる場合があります)
伸縮性がある為、木材などのようにキッチリとした寸法の制作はできず、あくまで目標値として制作させて頂きます。
上記伸縮誤差の件、予めご了承願います。

●制作可能な座布団クッションのサイズについて

※横幅・奥行・厚さを1センチ単位でオーダー可能です。

※最大サイズは200センチ(横幅)×100センチ(奥行)以内で制作可能です。
上記を超えるサイズが制作不可となります。
(サイズについてのご注意)

長辺が170センチを超える大きさは通常便では配達できない場合があります。

大型便や引越し便にての配送となり送料が割高になる可能性があります。

大きなクッションはなるべく分割してサイズオーダーする事を弊社としてはお薦めします。
(大きなものは分割して制作した方がトータル的には安くお届けできる場合が多いです。)


※厚みについては3センチが制作可能な最も薄い厚さとなります。

※厚みについては基本的に以下の厚さ以下を推奨しています。
<クッション硬さの種類>で記載している(硬さの目安)は以下の厚さまでのものの目安となります。
●座面厚さは15センチまで
●背面厚さは10センチまで
(※ご注意)
上記を超える厚さのクッションも制作は可能ですが、(硬さの目安)は参考にはなりません。
上記を超える厚さのクッションの場合、硬さについてのクレームや返品はお受けできません。予めご了承願います。
※「硬さ」はクッションの大きさの違いや使用する生地によっても厳密には変動します。
弊社としても推奨サイズを超える厚さは制作してみないとどのような硬さになるかは判断ができない事情があり、その点ご理解ご了承願います。

●クッション設置位置が<壁>と<壁>の間に設置する場合のサイズオーダーの注意点
※ベンチクッションやソファークッションなど大きい座布団クッションを制作希望の方にご注意願います。
※ソファーでいえば<肘>と<肘>の間に設置するクッションもこれに該当します。

 

クッションは上記で記載させて頂いたように伸縮誤差が発生します。
<壁-壁>の間、又は<肘-肘>の間にクッションを設置する場合、大きく完成してしまった場合、入らなくなる場合も考えられます。
お見積り時にお見積りフォームの備考欄に以下の補足指示をお願い致します。

備考欄指示をして頂ければクッション自体が大きく完成しないように、少し小さめに完成するように弊社で制作時に注意して制作させて頂きます。

クッションは伸縮性がある為、大きく完成しても、ある程度強く押し込めば設置はできると思いますが、ご不安な方も多いと思いますので上記の備考欄指示をして頂きますと幸いです。

<例1>:<壁-壁>間の寸法が140センチでその間に納まる座布団型クッションをご希望の場合

備考欄指示例:<壁-壁>間140センチにクッションサイズ140センチ幅を希望

 

<例2>:<肘-肘>間の寸法が120センチでその間に納まる座布団型クッションをご希望の場合

備考欄指示例:<肘-肘>間120センチにクッションサイズ140センチ幅を希望

 

 

●クッションを分割して制作する場合。複数枚を横に並べる場合。
※3人掛け用ソファーの座面を3分割して3個のクッションを並べるような場合
※長座布団などで弊社制作可能サイズを超えたサイズのサイズオーダーの場合

伸縮誤差によって複数枚並べた場合、ご希望のサイズの完成サイズがズレてしまう事も考えられます。
お見積り時にお見積りフォームの備考欄に以下の補足指示をお願い致します。

備考欄指示をして頂ければクッション自体が大きく完成しないように、少し小さめに完成するように弊社で制作時に注意して制作させて頂きます。

クッションは伸縮性がある為、大きく完成しても、ある程度強く押し込めば設置はできると思いますが、ご不安な方も多いと思いますので上記の備考欄指示をして頂きますと幸いです。

<例3>:3人掛け用ソファーの座面180センチを3分割して60センチ幅のクッションを3個並べたい場合

備考欄指示例:座面幅180センチを3分割。分割サイズ60センチを3個並べる。

 

<例4>:長座布団を<壁-壁>間の寸法が600センチのベンチに6分割(1枚の幅100センチ)で設置したい場合

​↓

備考欄指示例:<壁-壁>間600センチに6分割。分割サイズ100センチを6個並べる。

© 2023 のあ不動産。Wix.comを使って作成されました